シンガポールCreativeがMP3プレーヤに関する特許を取得,「iPodより先に発明」という記事。

当該特許は,米国特許番号「6,928,433」で,タイトルが「Automatic hierarchical categorization of music by metadata」。

「Zen」「NOMAD」といったMP3プレーヤーを開発しているシンガポールのCreativeが、「Zen Patent」と呼ばれる特許がアメリカで成立したそうです。

これは、

プレーヤのディスプレイ上で,連続する3つ以上の画面を使って,階層構造に従ってナビゲートし,多数の楽曲の中から1曲以上を選ぶ手法に関するもの。

ということで、iPodでも見られるナビゲーションです。

「Zen Patentは,携帯型メディア・プレーヤのユーザーが効率的かつ直感的にプレーヤを操作し,曲を選択するためのユーザー・インタフェースをカバーする」とCreativeのコメント。

CreativeではiPodなどでも見受けられるとしていますが、さてAppleはどうでるでしょうか。Appleと特許といえば、Amazonの 1 click特許をライセンスしていますが、iPodに関しても抵触していると見なされれば、Creativeからライセンスを受けるのでしょうか。

Creative、iPodへの「Zen特許」行使も検討によれば、「知的財産を守るために積極的な行動に出るつもりだ」とコメントしている関係者もいます。

■関連記事

Creativeが“Zen特許”取得。iPodにも影響?

Zen特許はCreativeのZenおよびNOMADプレーヤーの多くで使われ、またAppleのiPodやiPod miniなどの競合製品の一部にも見られるユーザーインタフェースに関連するものだと同社は発表文で述べている。

iPod危うし?――クリエイティブ、MP3プレイヤーのUIで特許取得

Appleは、「マルチメディアプレイヤーのUI」に関する特許を2002年末に申請したが、Creativeのプレスリリースによると、この申請は先ごろ却下されたという。