アップル、カラー液晶搭載/Podcast対応の新iPodという記事より。

従来カラー液晶搭載モデルは「iPod photo」のブランド名で展開されていたが、新シリーズからは1.8インチHDD搭載のiPodは全てカラー液晶搭載モデルとなるため、iPod photoのブランド名は廃止される。

なるほど。全てがカラー液晶搭載モデルとなり「iPod photo」ブランドは「iPod」に統合という訳ですか。分かりやすくて良いですね。

20GBと60GBのモデルがあり、それぞれ32,800円、45,800円だそうです。どちらも微妙にお高い感じ‥‥。でも購入するなら、フォトストレージとして使うことも考えると60GBでしょうか。

20GBモデルと60GBモデルの違いは、外形寸法と重量。20GBモデルは外形寸法61.8×16.1×103.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量166gと、従来のiPod photo 30GBと共通。60GBモデルは約61.8×19.1×103.5mm/183gで従来モデルから変更はない。

微妙に大きさが違います。

何度か落としたけれど、初代iPodが元気に頑張ってくれているんですよね。PodCasting対応とか写真を見られるとか、ちょっと欲しい気もするんですけど、もう少し我慢しよう。うん。

▼Apple StoreでiPodを見てみる

iPod white with Color Display

Amazonで購入する場合は↓から。

Apple iPod 20GB [MA079J/A]

Apple iPod 20GB [MA079J/A]

Apple iPod U2 20GB [MA127J/A]

Apple iPod U2 20GB [MA127J/A]


■関連記事

アップル、iPod製品ラインをスリムに~iPod photoに統合

ハードウェアの基本機能は従来の「iPod photo」と同じだが、新たにポッドキャスト(Podcast)メニューがくわわった。

アップル、新しいiPodを発表――全機種にカラーディスプレイ搭載

新しい60GバイトのiPodは、デジタル写真を2万5000枚、もしくは楽曲を1万5000曲保存できる。一方、新しい20Gバイトモデルは、写真を2万枚、楽曲なら5000曲保存できる。

米Apple,ポッドキャスティング機能を「iTunes」に実装,「iPod」の全機種をカラー液晶に

iTunes 4.9の「Podcast Directory」を利用して,3000以上の無償オーディオ・コンテンツにアクセスできる。定期購読している番組のコンテンツが更新されると,自動的にパソコンにダウンロードする。

アップル、iPod全モデルにカラー液晶搭載、ポッドキャストにも対応

AAC(16-320 Kbps)、MP3(32-320 Kbps)、MP3 VBR、Audible、Apple Lossless、WAV、AIFFなどのオーディオフォーマット、JPEG、BMP、GIF、TIFF、PNGなどの画像フォーマットをサポートする。

アップル、iPodとiPod photoを統合

液晶ディスプレイの仕様は従来のiPod photoと同等。220×176ピクセルの2型で、iTunesなどのソフトからiPodへと取り込んだ写真を鑑賞できる。別売の「iPodカメラコネクタ」により、デジタルカメラからの画像転送も可能となる。