iTunes Music Store、SME抜きで8月国内立ち上げの報道という記事より。

Apple ComputerはiTunes Music Store(iTMS)サービスを8月から日本でも提供し始める――日本経済新聞が6月7日、報じた。

また日経が、と思って新聞を眺めていたのですが、コロムビア、エイベックス、東芝EMIなどがiTMSに楽曲提供で合意したと報じられています。以前には2005年春という報道もありましたから、今回の報道に懐疑的になっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、1曲あたり約150円という予想価格まで出てきていますので、それなりに信憑性が高い情報なのでしょうか。

iTMS開始報道にレーベル各社、「協議はしているが決定事項はない」という記事も出ています。

東芝EMIはこの件について「アップル側から提案を受けて話はしているが、具体的な話ができる状態ではない」と述べたほか、エイベックスも「iTMSについてアップル側と協議をしているのは事実。しかし、楽曲を提供するかを含め、開始時期や価格などについては一切決定していない」としている。

どこそこまで決まっています、なんてとてもじゃないですが言えないでしょう。アップルが提案を続けているのは事実ですし、その交渉が難航している訳ですから。

それにしても、日本のユーザは本当に首をながーーーーーくして待ち続けていますからね。早く開始されるのに越したことはないのですが。

当然、アップル、iTMSの国内開始報道に対して「取材を受けた事実ない」という記事も。

アップルの広報室では「米Apple Computerでも日本経済新聞社から今回の記事に関する取材を受けた事実はない」とし、「記事についてはコメントする立場ではない」と述べた。