iPodを買っているのは誰だ――米調査が行われています。

Pew Internet & American Life Projectという非営利団体が2200人を超える人々を対象に電話調査を実施したところ、所得が高くて若いインターネットユーザーほど、こうした機器を所有している確率が高いことが判明したという。

アメリカ国民の実に11%にあたる2,200万人の成人がPodやそのほかのMP3プレイヤーを所有していることが明らかになったそうです。

30歳以下では5人に1人がiPodやそのほかのMP3プレイヤーを所有しているのに対し、30歳代および40〜48歳までの年齢層では、この割合が7人に1人まで下がる。

世帯収入が75,000ドルを超える家庭の4分の1がこれらの機器を所有、30,000〜75,000ドルの世帯では所有者の割合が10%、さらに30,000ドル未満の世帯ではその割合が6%にまで落ちるそうです。まあ、余裕があれば欲しい、というガジェットですからね。ある意味では当然の結果ではないでしょうか。

男性は女性に比べて、デジタル音楽プレイヤーの所有率が50%も高いという。