iPod用に落下検知技術を特許申請していたAppleという記事より。「端末が加速を感知するまでには時間がかかるため、この仕組みが機能するのは、端末がある程度以上の高さから落下した場合に限られる」と記事。

米国時間16日に発表されたAppleの特許申請文書には「携帯端末は、落下による加速を感知すると、ハードディスクの利用を避けるように作動する。この保護機能により、ハードディスクが損傷したり、保存されたデータが消失したりする可能性が大幅に低くなる」と書かれている。