吉と出るか、凶と出るか――米アップルから100ドルiPod登場?という記事がありました。

広く報じられているこの噂について、Appleでは明言を避けているが、この噂によるとAppleは音楽プレーヤー市場のローエンドをカバーする廉価版iPodを発表するという。現在この市場セグメントは、米Creative、米Rio、米Dellから出ている低価格なMP3プレーヤーの独占状態にある。

HDD搭載ではなく、フラッシュメモリを搭載することで廉価版を出そうとしている訳ですね。既存モデルの利益を犠牲にしてまで出す必要はない、いやフラッシュメモリ搭載機の市場でかなりのシェアを獲得できる、と賛否両論が巻き起こっているそうです。

個人的には初期型の5GBモデルを使っていますが、最近容量が心許なくなって、もっと大容量だったら良かったなぁ、と少し思ったりしました。10GBのモデルが299ドルであることを考えると、その差は約200ドルですから、100ドル版のiPodを試しに購入してみたいという人も多いかもしれませんね。

AmazonでiPodの価格を調べる