iPodの「汚い秘密」に抗議――ネット上で注目浴びるという記事がありまして、それによるとiPodのバッテリーに関してある問題があるようです。

彼らは米Apple Computerのテクニカルサポート担当者に、1年半使用したiPodのバッテリーを交換するのに、新品のiPod一台分の値段に相当する、255ドルもかかると言われたという。

これに対してアップルではアップル、「iPod」のサポート期間を最長2年間に延長するパッケージを開始して対応しているようです。

同プランの加入対象となる「iPod」は、MacintoshまたはWindows PCに接続できる全モデルで、新規購入から1年以内(1年間の製品保証の有効期間内)が条件。

「内蔵バッテリーは、バッテリー容量が最初の仕様から50%以上消耗した場合に保証対象」になるそうです。日本では価格は6800円なので、これに加入しておいて、がんがん聴きまくって2年後に50%以下になっていると新しくしてもらえるということかしら。

そんなの曖昧でいやだな、という人はマックパーフェクト、iPod用内蔵バッテリーキット発売を使いましょう。

マックパーフェクトインターナショナルは、同社オンラインショップで米Laptops for LessのiPod内蔵バッテリーキットを12月下旬に発売する。価格は9600円。