スポンサードリンク

「iPhone 11」と言われる次期iPhoneはバッテリー容量が増える等スペックまとめ

スポンサードリンク

「iPhone 11」と言われる次期iPhoneはバッテリー容量が増える等スペックまとめ

2019 iPhones Said to Feature Larger Batteries Up to 3,500 mAh, Next iPhone XS May Have Dual Nano-SIM in Chinaという記事で「iPhone 11」と言われる次期iPhoneの予想スペックがまとめられていました。

The paywalled report corroborates several existing rumors, including the 2019 iPhones having the same display sizes as the 2018 lineup, including 5.8-inch OLED, 6.5-inch OLED, and 6.1-inch LCD models.

スポンサードリンク

ざっくりとまとめておくと次のようになります。

・画面サイズは2018年モデルと変わらず5.8インチOLED、6.5インチOLED、6.1インチLCDとなる

・3モデルともFace IDが搭載される

・ノッチは変わらず

・3Dタッチはなくなる

・TSMC's 7nmプロセスのA13プロセッサを搭載

・Apple WatchとAirPodsを背面で充電可能

・iPhone XR後継モデルにはグリーンとラベンダーの新色

・バッテリー容量は3,200 mAh(XS後継)、3,500 mAh(XS Max後継)、3,000 mAh(XR後継)に拡張

・iPhone XS/XS Max後継モデルのカメラは3眼で広角が期待される

・iPhone XR後継モデルのカメラは2眼

・3モデルがnanoSIMとeSIMでデュアルSIM対応に(中国以外でも)

さらに最近ではApple Pencilにも対応するという噂が出てきています。iPhoneが外部デバイスを充電できるということは、Apple Pencilの充電も行う可能性が高いです。

思っていたよりも変化があり、次期iPhoneの登場がちょっと楽しみになってきました。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

次期iPhoneはやはりApple Pencil対応か?ケースメーカーがApple Pencilが入るケースを予約受付中

次へ

ネタリスト(2019/08/22 10:00)期限付き移籍か、レアルトップチーム抜擢か、久保建英の行先が揺れている理由とは?