スポンサードリンク

2020年リリースのiPhoneは5G対応5.4/6.7インチモデルとLTE対応6.1インチモデルとの予測

スポンサードリンク

2020年リリースのiPhoneは5G対応5.4/6.7インチモデルとLTE対応6.1インチモデルとの予測

Appleの噂はこの人という感じのアナリストMing-Chi Kuo氏が、2020年にリリース予定のiPhoneの予測をしています。それによると、2020年にリリースされる予定のiPhoneは3モデルです。

スポンサードリンク

ハイエンドモデルは5.4インチと6.7インチモデルの2機種で、いずれも5G対応となります。ディスプレイはOLEDです。

ローエンドモデルはLTE対応の6.1インチモデルで、やはりOLEDディスプレイを搭載するとされています。

Ming-Chi Kuo氏は2021年は全てのiPhoneが5Gに対応し、2022年から2023年にかけて、Appleの手による5Gモデムも完成するだろうと予測しています。

5Gも気になりますが、2019年に買い替えを予定した人はそのまま買い替えをし、2021年にまた買い替えをする‥‥くらいでも良いのかもしれませんね。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

歴代2位の若さでA代表デビューした久保建英、では最年少代表デビューは誰?

次へ

ネタリスト(2019/06/20 10:30)「ソニー製の“LX”はかっこよかったんです」 日本でLXを作ろうとした元ソニー社員が登場