スポンサードリンク

iPhoneのSIMロックを解除する「GPPLTE SIMロック解除SIM」【ICCID編集機能付】

スポンサードリンク

B07JVZHHT1

SIMロック解除できる期間を過ぎてしまい、SIM解除ができなくなってしまったiPhoneがあるので、SIMロック解除するためのツールというのは気になってたまに探しているのですがICCID編集機能付の「GPPLTE」という製品があることを知りました。

CHECK

試したらうまくいきました→「GPPLTE」ソフトバンクiPhone 5のSIMロック解除に成功

スポンサードリンク

SIMロック解除するためのSIM「GPPLTE」

この手の製品だと、いわゆるSIMに下駄を履かせるので相性問題があるとか、対応しているiOSのバージョンがあるとか、色々と制約があるものだったのですが「GPPLTE」はどうも違うぽいです。

どうも「GPPLTE」を挿入するとICCIDというものが編集できるらしく、それでSIMロック解除を実現しているようなのですね。

動画で手順を見ると、これは簡単そうです。

設定方法は次のように説明されています。

1.APN設定を行います。(ご契約のSIMカードの説明書をご確認ください。要Wi-Fi環境。) 

2.GPPLTE SIMロック解除SIMカードをSIMトレイにのせ本体に挿入します。 

3.アクティベートが始まりますのでホームボタンを押しますと緊急電話の画面が表示されます。

4.緊急電話の画面で「*5005*7672*89014104279202597449​ #」と入力し通話ボタンをタップします。

5.「を完了しました サービスセンターアドレス:アドレスなし」の表示がされましたら、「了解」を押してからSIMトレイを抜き差しします。

6.再度アクティベート画面が始まりますので、wifiに接続などのiPhoneの指示に従いましてアクティベートを完了します。(要Wi-Fi環境)

7.アクティベート完了後ホーム画面に戻りましたら、SIMロック解除SIMカードを外して頂きまして使用予定のSIMカードを挿入します。 数分お待ち頂きまして電波をキャッチしましたら設定は完了です。

初期化や復元でプログラムが消去されてしまうので、再度、SIMロック解除の作業が必要になるということですが。

対応機種

SoftBank/au/docomo/UQmobile/YmobileのiPhone

iPhone XS / iPhone XS Max/ iPhone XR / iPhone X / iPhone 8 / iPhone 8 Plus / iPhone 7 / iPhone 7 Plus / iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone 6 / iPhone 6 Plus / iPhone SE / iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 5

対応OS

iOS 7、iOS 8、iOS 9、iOS 10、iOS 11、iOS 12、iOS 12.0.1、iOS 12.1、iOS 12.1.1、iOS 12.1.2、iOS 12.1.3、iOS 12.1.4

対応SIM

OCN、DMMモバイル、mineo、LINEモバイル、IIJmio、biglobe、FREETEL、イオンモバイル等の格安MVNO-SIMカードでご利用いただけます(au系シムはサポート対象外)。

「ICCID」とは?

「ICCID」とは、SIMカードの固有の識別番号とのことです。

試すなら自己責任で‥‥

この手の製品は試すなら自己責任ですね。とりあえず、SIMロック解除ができなくてどうにもならない端末がいくつかあるので、人柱として「GPPLTE」を試してみても良いかな、と思っています。Amazonだと1,398円と安いのですよ。

スポンサードリンク

前へ

サントリー「金麦ゴールドラガー」は美味い?まずい?呑んでみた【感想】

次へ

ネタリスト(2019/02/13 14:00)マクドナルドからバカッターが生まれない本当の理由