スポンサードリンク

Apple正規サービスプロバイダでiPhone画面の同日修理対応店舗が拡大

スポンサードリンク

Apple正規サービスプロバイダでiPhone画面の同日修理対応店舗が拡大

Apple正規サービスプロバイダで、iPhoneの画面の同日修理対応店舗が拡大しているとMacお宝鑑定団が伝えています。

Appleが、2018年10月第4週頃より、カメラのキタムラ、ビックカメラ、クイックガレージなどのApple正規サービスプロバイダで、iPhone画面の同日修理対応店舗を拡大しています。

スポンサードリンク

これまでに必要だった高価なキャリブレーションシステムに代わり、2018年9月頃より導入が開始された、ソフトウェア方式のキャリブレーションシステムがApple正規サービスプロバイダでも利用可能になったことによるものだそうです。

利用者からすれば画面修理の利用が多いでしょうから、利便性が向上しますね。

ただし混んでいる

ただし、2018年12月まで続く3,200円のバッテリー交換により、Apple正規サービスプロバイダ含めiPhone修理はかなり混雑しています。

ぼくも10月にiPhone 7 Plusのカメラを修理したのですが、最短でも7〜10日後という店舗が多く困りました。最後は店舗に電話をかけ、なんとか空いている時間に修理して貰うことができたのですが。

これから年末にかけてさらに混雑することが予想されますので、iPhoneの修理を検討している人はお早めに予約がオススメです。

スポンサードリンク

前へ

「メルカリ」サービス開始から5年で累計流通額が1兆円を突破

次へ

「原価ビストロBAN!」1129(いいにく)の日に29フェア!黒毛和牛ローストビーフ100gを29円で