スポンサードリンク

2019年のiPhoneから3Dタッチがなくなるかもしれない!?

スポンサードリンク

iPhoneの3Dタッチ機能を便利に使っている身がすると、絶対になくなって欲しくない機能なのですが‥‥2019年のOLED版iPhoneから3D Touchが削除?「広く理解されている」とのアナリスト分析という記事がありました。

2015年のiPhone 6s/6s Plusで採用されて以来、iPhoneシリーズに搭載され続けている3D Touch。Apple WatchやMacBookでもおなじみの「画面を押し込む」感圧タッチが、2019年iPhoneのOLEDモデルから削除されるとの予測が伝えられています。

スポンサードリンク

フォルダの中にある未読のあるアプリにショートカット的にアクセスしたり、コンテクストメニューを開いたり、メッセンジャーアプリの中身をプレビューしたり、カーソルを移動したり、それはもう便利な機能だと思っているのですが、3Dタッチ。

確かに万人受けという、誰にでも分かりやすい機能ではないことは認めざるを得ませんが、普段は機能オフで、使いたい人はオンにできるように機能としては残して欲しいですねぇ。

関連記事

「iPhone 7/7 Plus」から始める3D Touch(3Dタッチ)の話

iPhoneのキーボードを「3D Touch(3Dタッチ)」でトラックパッドのように使う方法

ホームボタンの2回押しではなく「3D Touch(3Dタッチ)」でアプリを切り替える方法

【3Dタッチ】コントロールセンターの下部にあるアイコンを押し込んで機能にショートカット

【iPhone 7/8/X】3DタッチでLINEを既読にせずに読む方法

便利!未読のあるアプリに「3Dタッチ」でショートカットしてアクセスする

スポンサードリンク

前へ

【DAZN】プリペイドカードの販売を開始

次へ

【Ingress】「INGRESS THE ANIMATION」試写会に参加(ネタバレなし) #IngressAnime