スポンサードリンク

Apple、公正取引委員会からiPhoneの独禁法違反を指摘される

スポンサードリンク

iPhone、料金プラン増えるかも 納入契約見直しへという記事によると、Appleが公正取引委員会から大手携帯キャリア3社とのiPhoneの納入の契約に関して独占禁止法違反(不公正な取引方法)を指摘されたことが明らかになりました。

関係者によると、アップル側が見直すのは、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社に対し、iPhoneの仕入れ価格から一定額を値引いて利用者に販売するよう求めていた契約条項。

スポンサードリンク

この契約条項によって、3社のプランの自由度が狭められていた‥‥ということのようです。「取引先の事業活動を不当に拘束することは独禁法が禁じている」ことから、今回の指摘になった、と。

そして、アップル、国内iPhone販売の独禁法違反疑いが解消。キャリアに端末購入補助求める契約を改定という記事になっていますが、Appleから契約内容を見直しする提案があったというとです。

わかりやすく言えば、今後キャリアは「端末購入価格は高いけど、月額通信量が安いプラン」を提供できるようになるということです。

とりあえずSIMフリー端末を購入して月額料金が安くなるMVNOのような形態の料金プランが大手キャリアからも提供されるようになるのでしょうかね。

■iPhoneをチェック:ドコモauソフトバンクApple公式サイト

スポンサードリンク

前へ

日本で「iPhone 3G」が発売されてから7月11日で10周年

次へ

石原さとみ主演「高嶺の花」初回視聴率は11.1%