スポンサードリンク

廉価版6.1インチiPhoneはデュアルSIM対応との噂

スポンサードリンク

iPhone デュアルSIM

2018年に発売される予定のiPhoneはOLEDの5.8インチ&6.5インチ、廉価版LCDの6.1インチと言われていますが、廉価版6.1インチiPhoneはデュアルSIM対応との噂が出てきました。Apple May Offer Two 6.1-Inch iPhone Models in 2018 With Price Tag as Low as $550という記事です。

Apple's upcoming lower-cost 6.1-inch iPhone could be available in two models, one that includes a single SIM and a second that offers dual-SIM dual standby (DSDS) functionality, aka two physical SIM card slots

スポンサードリンク

KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が予測しているもので、6.1インチのiPhoneはシングルSIMとデュアルSIMのモデルが登場するとしています。

デュアルSIMデュアルスタンバイ(dual-SIM dual standby、DSDS)がどういうものかというと「2枚同時にSIMを装着可能なスマートフォンで、両方のSIMについて同時に待受でき、通話・通信が片方ずつ可能なこと」だそう。

これに対してデュアルSIMデュアルアクティブ(DSDA)という方式もあり「2枚同時にSIMを装着可能なスマートフォンで、両方のSIMについて同時に待受でき、両方同時に通話・通信が可能」となります。

Ming-Chi Kuo氏は、デュアルSIMモデルは650〜750ドル、シングルSIMモデルは550〜650ドルと予想しています。

デュアルSIMは旅行の際にキャリアを切り替えるのに便利で、中国で人気とのことです。つまり、中国向けに採用された機能ということなのでしょうね。

次のような記事も書いています。

【iPhone】2018年発売は3機種、最安値「SE」は700ドル程度か?

「iPhone SE2」5月または6月に発表か?

スポンサードリンク

前へ

「iPhone SE2」5月または6月に発表か?

次へ

元NMB48・須藤凜々花、一般男性と結婚