iPhone X SE

2018年には3機種のiPhoneが発売されると予想されいますが、少しずつその噂も漏れ伝わってきます。

今年発売の3つのiPhone、最安値「SE」は700ドルで顔認証対応かによると、iPhone Xの後継モデル、Plusモデル、そして廉価モデルの3種類が準備されており、最安モデルが「SE」の後継機となる可能性があるようです。

ニュースメディア「The Street」が掲載した情報によると、アップルは今年3機種のiPhoneを発売するという。そのうち1機種は昨年のiPhone Xを上回る高額モデルになるが、割安な端末も投入されるという。

予想されている3機種は次の通りです。

・iPhone X Plus 最大で1,100ドル程度

・iPhone X2 900ドル

・iPhone X SE 700ドルから750ドル

モデル名はいずれもそのままにはならないかもしれませんが、大画面モデル、通常モデル、廉価版というのはこれまでの予想通りです。

ただ「アップルが高価格による顧客離れを懸念している」ことから、少し安めの値段設定がされる可能性があるようです。iPhone Xもそれで売れ行きが鈍いわけですからね。

個人的に驚いたのは、iPhone 9が登場するのではなく、廉価版モデルとしてiPhone SEがiPhone SE2またはiPhone X SEとして、その座に収まりそうだということ。

本来的な意味での廉価版というよりは「700ドルから750ドル」は高価なのですが、性能もそれに見合ったものになるようです。

ホームボタンなし、Face ID搭載、ヘッドフォンジャック廃止、デザインはiPhone SEを踏襲した角張ったものが予想されています。

これまでに次のような記事を書いています。

次期iPhone 6.1インチモデル、リアカメラは一つで3D Touchは非搭載か

次期iPhoneシリーズ最新情報、6.1インチモデルはやはり「フルアクティブ」液晶搭載で超薄ベゼルを実現か?

2018年発売予定のiPhoneは3モデル全てFace IDを搭載へ

次期iPhone、より小型化した第2世代のノッチを採用へ

予想内容としては合致しています。