スポンサードリンク

JDI、2018年秋発売予定のiPhone向け液晶パネルを多数受注

スポンサードリンク

JDI、550億円調達 日亜化学も出資という記事によると、ジャパンディスプレイが第三者割当増資や工場の売却などで550億円を調達するそうですが、これは2018年秋発売予定のiPhone向け液晶パネルを多数受注していることによるものだそうです。

JDIは今秋発売予定のiPhone向け液晶パネルを多数受注しており、550億円の調達資金は液晶増産のための部材調達や生産設備などに充てる計画だ。

スポンサードリンク

550億円で液晶増産をする予定、と。資金繰りを改善し、秋に発売予定のiPhone向け液晶の在庫を積み増しておく必要があったということです。

JDIのディスプレイは「フルアクティブ」と呼ばれる液晶ディスプレイで「パネルを囲む外枠が最小0.5ミリでも作動するため、画面をより大きく取ることができる上、製造コストは有機ELより安い」というのが特徴です。

上位モデルではなく、こんなモデル構成になることが予想されていました。

・5.8インチOLED(現行のiPhone Xのようなモデル)
・6.5インチOLED(iPhone X Plusのようなモデル)
・6.1インチLCD

次期iPhoneシリーズ最新情報、6.1インチモデルはやはり「フルアクティブ」液晶搭載で超薄ベゼルを実現か?ではこんな予想も。

・台湾のPegatron、Foxconn、Wistronが製造する
・Japan Displayが液晶の70%を供給する
・四方で0.5mmのベゼルを実現するフルアクティブ液晶を採用するだろう
・ホームボタンのないフルスクリーンデザイン
・TrueDepthセンサー用のノッチもない
・Face IDとAnimoji用の3Dセンサー搭載
・iPhone Xより8.5%多いバッテリー容量の2,850〜2,950 mAh
・価格は700〜800ドル

ただし3D Touch非搭載、カメラがデュアルではなくシングル、3GB RAMという話もありまして、3Dタッチもデュアルカメラもやはり必須かなぁ、とは思います。廉価版も魅力的ですが。

(via 気になる、記になる…

スポンサードリンク

前へ

浦和レッズ、堀監督の解任を発表 → 大槻毅育成ダイレクターが暫定監督に

次へ

【Kindleセール】30%OFF「いま読んでおきたい!ビジネススキル・キャリア本フェア(英知出版)」(4/14まで)