スポンサードリンク

次期iPhone 6.1インチモデル、リアカメラは一つで3D Touchは非搭載か

スポンサードリンク

2018 01 24 0705

次期iPhone 6.1インチモデルに関する、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏の予測がKGI: 6.1-inch LCD iPhone priced between $700-$800 w/ single rear camera, no 3D Touchという記事になっていました。それによると、リアカメラは一つ、3D Touchは非搭載といった予測がなされています。

The analyst says the 6.1-inch LCD iPhone will feature a single rear camera design, as opposed to the dual-camera design of the other two models.

スポンサードリンク

2018年に登場するiPhoneはOLED搭載の6.5インチモデル、5.8インチモデルと、LCDを搭載した6.1インチモデルと言われています。今回の予測は、この6.1インチモデルに関するもので、3モデルの中では廉価版に位置するモデルです。

リアカメラは一つ、3D Touch非搭載、アルミフレームを採用しRAMは3GBといった予測となっています。ちなみにOLEDモデルのRAMは4GBと予測されています。

そして6.1インチモデルの価格は700〜800ドルになるだろうとみられています。

Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)では「開発費が回収出来た端末を終了して、新しい端末に置き換えるとするならば、次期モデルは、かなり生産コストを下げられることが判明しているのかも」と分析しています。

JDIの「フルアクティブ」液晶を採用するという話もあったのですが、工商時報:GISとTPK、iPhone 6.1インチ液晶用タッチパネルを受注?という情報もあるようです。

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】30%OFF以上「冬☆電書」役立ち本・大人の趣味本・雑学本フェア(1/25まで)

次へ

2017年第4四半期、iPhone 8はiPhone Xよりも売れていた