2018 01 10 1230

初代「iPhone」が2007年1月9日(日本時間1月10日)に発表されてから、11年が経過しました。「iPhone」が発表されてから丸11年を迎えるという記事になっていました。発表は1月9日、発売は6月29日でした。

昨年は10周年だった為、Appleのティム・クックCEOやフィル・シラー氏がコメントを発表していましたが、今年は11年目なので特に何も動きはありません。

最初の頃はウェブアプリもいろいろあったように記憶しています。iPhone用ウェブサイトという名残も残っていますが。当時は「iPhone向け」とか「○○ Touch」のようなサービスもたくさん登場してましたよね。今はPCもスマホも、意識してアクセスすることはほとんどなくなりましたが。

「Amazon.co.jp」iPhoneに最適化されるなんていう記事も書いていたくらいですし、そういえばGmailもSafariから使っていたのを、iPhone向け「Gmail」の新バージョンをリリースという記事で改めて思い出しました!

iPhone用アプリを振り返ると、当初は実用的なアプリではなく、池で泳ぐ鯉に癒されまくるiPhoneアプリ「Koi Pond」iPhoneをライトセーバーにしてジェダイ気分「PhoneSaber」のようなアプリがウケていたんですよね。

2007年に書いていた「iPhone」が3Gではない理由という記事も懐かしいです。なぜ3Gネットワークを採用しなかったのか、という話。「iPhoneは、アクセス可能なWi-Fiネットワークを見つけたら自動的にスイッチするように作ってある」というのも、当時は珍しかったんですよ。今では信じられないような話ですが。

■iPhone購入なら:ドコモauソフトバンクApple公式サイト