2015 11 17 1045

現地の通信会社に接続してネット接続が利用可能になる「Apple SIM」が、日本でもauを通じて入手可能になります(現地SIMを購入する必要がなくなる)。KDDIが、日本初、auの「LTEデータプリペイド」がiPad向けApple SIMに対応として発表していました。

KDDI、沖縄セルラーは、本日より、Apple SIMに対応した「LTEデータプリペイド」の提供を開始します。Apple SIMをセットしたiPadをお持ちの訪日外国人のお客さまは、各種データ通信用のSIMカードを購入いただかなくても、iPad上でプリペイドプランの契約が可能となり、日本国内でauのモバイルネットワークによるデータ通信サービスをご利用いただけます。

訪日外国人が日本を旅行した際に、iPad上でauのプリペイドプランを契約できる、というPRの仕方になっていますね。料金は1GBごとに1,500円のみ。契約手数料などはかかりません。

対応しているのはiPad Pro Wi-Fi + Cellularモデル、iPad Air 2 Wi-Fi + Cellularモデル、iPad mini 4 Wi-Fi + CellularモデルおよびiPad mini 3 Wi-Fi + Cellularモデルで、iPhoneでは使用できないのは残念ですが。

もちろん「Apple SIM」を挿入しているiPadを、日本人が海外渡航の際に使用することも可能です。iPad上から契約手続きが行えるので、現地SIMを販売している店を探す手間などがなくなります。

「Apple SIM」は、日本のApple Storeで購入できるようになるようです。

iPhoneには「GigSky SIM」がある

なお、iPhoneで「Apple SIM」のようなSIMが使いたいという場合は「GigSky SIM」が良いかもしれません。SIMカードをソフトウェアでエミュレートする「Apple SIM」使える国が90カ国に拡大 → 世界中で利用できるプリペイドSIM「GigSky SIM」について調べてみたとう記事を書いています。日本

モバイル通信会社のGigSky(カリフォルニア州パロアルト本拠)が、90以上の国と地域で、Apple SIMで現地キャリアと契約できるデータプランの提供をはじめると発表しました。

「ギグスカイ」は、もともと世界中で使える契約なしのプリペイドSIMサービスを提供している会社で、それが「Apple SIM」向けのデータプランも提供しています。

「GigSKy SIM」は日本では2,480円で購入可能です。注意点としては、LTEには対応しておらず3Gのみというところでしょうか。Apple SIMと提携して90カ国以上でデータ通信サービスを提供する「GigSky(ギグスカイ)」レポート記事という記事も書いていますので、興味の有る方はぜひこちらもご覧ください。