Smarket 5601

「iPhone 6 Plus」に完全移行したので、iPhone 5は買取サービスに出すことにしました。そこで選んだのがゲオの買取サービス「Smarket(スマーケット)」で、Twitterのツイートでも評判が良かったので期待していたのですが、残念ながら買取不可という連絡がきました。無念!

Smarket 5602

ネタフルではこんな記事を書いていました。

「iPhone 買取」買取価格が高いのはどこか?Google検索結果上位5社から調べてみた!

「iPhone 6 Plus」を予約したので「iPhone 5」の売却を検討する(買取価格はどのくらい?)

買取自体は、査定を申し込むと梱包材が届きますので、それに詰めて着払いで「Smarket」に送るだけなので簡単です。本体のデータを消去し、フル充電して送りますが、このあたりの作業に関しては同梱されている書類の通りに行います。

月曜に送り、火曜に届いたというメールがあり、そして水曜の夜に「買取不可」のメールが届いた、という流れでした。査定自体は迅速に行っていただきました。

さて、買取不可になった傷がどんなものだったかというと、こちらです。本体右下のあたりです。

Smarket 5603

ケースはつけて使っていたのですが、落下させた際につけてしまった傷です。

Smarket 5604

背面はキレイでした。

傷があっても買取価格が下がるくらいで、場合によっては修理する前提で買い取ったりするのかなー、なんて楽観的に考えていたのですが、傷ものをわざわざ買い取らなくても、相当なタマがあるということなのでしょうね。

Twitterでは「傷があっても査定は満額だった」といったツイートも見かけたので、まさか買取不可になるとは予想していませんでした。無念です。このあたりはなんでも下取りしてくれそうなキャリアが羨ましいですね。

送料着払いで戻ってくる予定の「iPhone 5」ですが、別の買取サービスに査定に出すか、ゲタをはかせてSIMフリー端末にするか、ちょっと検討したいと思います。