A0150 000136

日本のスマートフォン市場で「iPhone」が68.7%ものシェアを獲得していることが明らかになりました。2013年Q4の世界主要国のOS別スマートフォン販売シェア、日本では68.7%がiPhone(Kantar調査) | juggly.cnという記事です。

英国の調査会社 Kantar Worldpanelが2013年Q4(10月~12月)における世界主要国のスマートフォンOS別販売シェアを公開しました。

米国、英国、スペイン、ドイツ、フランス、イタリア、中国、南米、オーストラリア、日本が調査対象ですが、EU 5カ国でのOSのシェアは次のようになっているそうです。

・Android 68.6%
・iOS 18.5%
・Windows Phone 10.3%

圧倒的にAndroidが使われているのですね。というか、Windows Phoneが10.3%もあることに驚いたのですが。

1年前の調査と比較すると、Androidは62.9% → 68.6%、iOSは23.7% → 18.5%ということでiOSは大きく減っています。

iPhoneのシェアを国別でみると、日本が68.7%ということで、日本のスマートフォン市場ではiPhoneが圧倒的な数字を持っていることが分かります。

同社はさらに、国内上位3社のiPhone率まで公開しています。それによると、NTTドコモは58.1%、ソフトバンクは91.7%、au by KDDIは63.7%だったそうです。

この数字によると、ソフトバンクはほとんどiPhoneばかりということですね!?

日本ではiPhoneを使っている人が多く見られますが、実際に数字としてもスマートフォンユーザの約7割がiPhoneを使っていると出ています。