スポンサードリンク

「iPhone 5s」と「iPhone 5c」部品表コストの差は10ドル

スポンサードリンク

2013 09 30 0953

「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の違い、もちろんスペックが違う訳ですが、価格差にするとどのくらい違うのでしょうか? iPhone 5s/5cのBOMコスト、差は10ドルという記事があったのでご紹介です。

スポンサードリンク

UBM TechInsightsが、「iPhone 5s」「iPhone 5c」のBOMコストを試算したところ、iPhone 5sが194米ドル、iPhone 5cが185米ドルとなった。

「BOMコスト」というのは「Bills of materials」の略で、日本語だと「部品表」などと訳されるそうです。つまり、どんな部品がいくらで調達されているか、ということですね。

驚いたことに「iPhone 5s」と「iPhone 5c」では、部品表コストでは10ドルの差しかないそうです。

大きく価格差が出てくるのはプロセッサで「iPhone 5s」と「iPhone 5c」ではそれぞれ31.5ドルと36.5ドルとなっています。

いずれの機種も、ディスプレイとプロセッサが最も高い。iPhone 5sのBOMコストは、前世代の「iPhone 5」よりも低いようだ。

カメラも1ドル差がありますが、iPhone 4s、iPhone 5とも比較されており、なかなか興味深い表になっています。

スポンサードリンク

前へ

マクドナルド、100円マック「マックトースト」期間限定で発売

次へ

【iPhone 5s/5c】東海道新幹線と大阪ではauの800MHz LTEが安定しているらしい