スポンサードリンク

ソフトバンク“900MHz LTE”の整備を前倒しへ

スポンサードリンク

2013 09 13 1601

900MHzでのLTEがまだ利用できないため、回線状況的にドコモやauより不利になったと言われるソフトバンクですが、ソフトバンク、「LTE」網整備を前倒し iPhone向けということになっているようです。

スポンサードリンク

ソフトバンクモバイルは米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」向け高速データ通信サービス「LTE」のインフラ整備を前倒しする。来年4月をめどにLTEに使う電波を現状の2種類から3種類に増やし、安定して通信できる環境を整える。

900MHzでのLTEサービスを、2014年4月をめどに開始する、ということでしょうか。そうですよね。2014年夏以降と言われていたので、ソフトバンクもかなりせっぱ詰まっているのでしょうか。

SoftBank、900MHz LTE整備を前倒し 来年4月から : iPhoneちゃんねるによると「帯域の3分の2はICタグ、タクシー会社などの業務用無線に利用されている」ということで、それを早めるための交渉をどんどんしていくということなのでしょう。

ユーザとしては900MHz LTEが使えるようになれば良いことなのでしょうが、とはいえ、そんなにうまくいくものなのかどうか。

スポンサードリンク

前へ

ドコモ「iPhone 5s/5c」料金体系を発表 → 月額6,555円に

次へ

ドコモ・au・ソフトバンク「iPhone 5c」予約受付開始