2013 05 22 1059

市場調査会社の株式会社カンター・ジャパンが、スマートフォンのOS別販売シェアの調査結果を発表したそうです。日本のスマホユーザー、新規・機種変で66%がiPhoneを選ぶという記事になっていました。

調査は2012年10月から12月まで、日本や中国、米国、ドイツなど8カ国で実施。日本では16歳以上の男女1万人が回答した。

この調査結果によると、日本では新規・機種変でiOSが選ばれたのは66.2%に上るそうです。調査した8カ国の中で、最もiPhoneを選んでいるのが日本でした。

ちなみに、Androidは31.9%となっています。

iPhoneが選ばれるというのは、日本の国民性なのか、それとも日本特有の事情なのか。

ゴリゴリと日本向けにカスタマイズしたAndroidは、OSアップデートも多くないようですし、もう少し長く使うということを考えた端末を作った方が良いのでは、とは感じることがあります。ただ、それこそが日本の事情なのかもしれませんが。

また、スマホがメインの国内ユーザーは3243万人~コムスコア調査という記事もありました。

これによると、日本でスマートフォンをメインに利用しているのは約3243万人。携帯電話全利用者の31.6%にあたる。この1年間で約67%増加した。一方、フィーチャーフォンのメイン利用者は7026万人(68.4%)だった。

こちらのOS別シェアだと、Andoroid 64.7%、iOS 33.5%となっています。