2013 04 19 0908

MacRumorsによると、ケース工場のTactusが、廉価版iPhoneの筐体とみられる製品の写真を公開しています。Lower-Cost iPhone's Plastic Rear Shell Reportedly Surfaces - Mac Rumorsという記事です。

Today, the company shares a photo of what is said to be the rear shell of Apple's rumored lower-cost iPhone. In line with previous rumors, the part appears to be manufactured from plastic.

白いプラスチック製のブツ。カーブしたエッジで思い出すのは、iPhone 3G/3GSです。

廉価版iPhoneのスペックは別として、デザインは嫌いじゃないです。いや、むしろ好きです!

The report also shares a number of other claimed details about the device, including word of an A5 chip, a 5-megapixel rear camera, and five color options of black, white, blue, red, and yellow.

他にも、

・A5チップ
・500万画素のカメラ
・カラーバリエーション

といった情報も伝えられています。

カラーバリエーションは、

・ブラック
・ホワイト
・ブルー
・レッド
・イエロー

とされています。うーむ、楽しそう。

The device is also claimed to carry a 3.5-inch Retina display rather than the 4-inch display seen in the iPhone 5, although that detail conflicts with reliable analyst Ming-Chi Kuo's claims of a 4-inch display for the lower-cost iPhone.

液晶サイズは、3.5インチのRetinaディスプレイと伝えられていますが、果たして?

気になる廉価版iPhoneの発売日は10月15日、価格は300ドルになるであろう、と。いかにも本物のように見えますが、どうでしょうか。