2013 04 08 1030

日経以外も、NTTドコモがiPhoneを取り扱うというニュースを伝え始めたのですね。MSN産経ニュースの、ドコモ、今夏にもiPhone投入へ 劣勢挽回狙うという記事です。

上位2社が主力製品とする米アップル社のスマートフォン「iPhone」をドコモだけが扱っていないことが大きな敗因であるのは明らか。打開策として、ドコモは今夏にもiPhoneを投入するとみられる。

2012年度の純増数はソフトバンクが353万件、auが260万件、NTTドコモは140万件。もう一人負けの状態から脱しないといけない、と。

MNP制度が始まった06年10月からの累計では、ドコモの転出数は477万620件と500万件に迫る。KDDIは241万7200件、ソフトバンクは237万4400件の転入超過で、KDDIは12年度と累計の両方でソフトバンクを抜いた。

もう速やかにiPhoneを投入しないとマズイ、ということなのでしょうね。AppleとNTTドコモの順調に交渉が進めば、6月発売が噂される、iPhoneの新機種から投入する見込みのようです。

NTTドコモからiPhone発売の噂は色々と出てきていますが、かなり確度は高いのでしょうね。よほどのことがない限りは、発売されるのだと思います。

NTTドコモを使い続けたい人には、iPhoneの発売は嬉しいニュースでしょう。個人的にはソフトバンクのLTEに満足しているので、他のキャリアへの乗り換えはしばらくは考えていません。

少し前には、iPhoneとiPadがドコモの周波数で技適を再通過 → ドコモからiPhone!?という記事も書いていたりして、順調にコトは進んでいるのではないでしょうか。