2013 03 25 1157

ソフトバンクが、SoftBank 4G LTE対応機種でイーモバイルのLTE網も利用可能にする「ダブルLTE」を発表しました。サービスは2013年3月21日より利用可能です。

「ダブルLTE」によって、ソフトバンクモバイルが2.1GHz帯で展開するFDD-LTEのネットワークに加え、イー・アクセスが1.7GHz帯で展開しているFDD-LTEのネットワークを、SoftBank 4G LTEに対応するスマートフォンなどで利用できるようになります。

「ダブルLTE」は混雑状況に応じて、自動的に最適なネットワークを選択するそうです。「iPhone 5」でも「ダブルLTE」を利用することが可能です。

気になるサービスエリアですが、まずは都内の一部地域から開始し、全国に順次拡大していくとしています。

「ダブルLTE」によって、2014年3月末にはSoftBank 4G LTEに対応した基地局が3.8万局になる予定です。

実際、尾道や鞆の浦といった地域でもLTEが使えたので、ソフトバンクのLTEはかなりエリアが広いのではないかと思います。

むしろ、都心などで通信速度が遅くなることが多いので、そのあたりを「ダブルLTE」には期待したいところです。

LTEがソフトバンクかイーモバイルか調べる方法

気になるのは、接続しているLTE網がソフトバンクなのか、イーモバイルなのか、というところだと思いますが、調べる方法があります。

iPhone+iPad FAN (^_^)v: このLTEはソフトバンク網?イーモバ網?はこれでチェック。

まずは、電話で「*3001#12345#*」をダイヤルし、テストモードに入ります。 「Serving Cell Info」→「Freq Band Indicator」をチェック。 ここの値が「1」になっていれば、ソフトバンク網。「3」であればイーモバイル網を使用していることになります。

興味のある方はお試しください!

「ダブルLTE」関連記事まとめ

「ダブルLTE」でソフトバンクモバイルはつながりやすくなるのか - デジタル - 日経トレンディネット

イー・アクセスは新興のキャリアで規模が小さく、資金力が弱かったことから、高収益が見込める都市部に基地局を重点的に設置する戦略をとっていた。そこでイー・アクセスのLTEインフラを活用し、急増する都市部のトラフィック軽減につなげたいという狙いがあると見られる。

ASCII.jp:iPhoneのパケ詰まり解消!? ソフトバンク「ダブルLTE」開始

対応機種はiPhone 5、iPad mini、第4世代iPadの3モデル。端末側のアップデートは必要なく、バッテリーへの負担も少ないという。これによりトラフィックが分散し、より安定して高速通信を利用できるようになる。

ソフトバンクが「ダブル LTE」を iPhone 5 に提供開始 -- 背景にある同社のネットワーク戦略とは (japan.internet.com) - Yahoo!ニュース

そこでソフトバンクが行ってきた対策が、「小セル化」というもの。現在進めている「プラチナバンド」の整備、データ通信を裏で支える「バックボーン」の強化と併せて、同社のネットワーク戦略の重要なポイントに挙げている。

ソフトバンクが「ダブルLTE」発表、都市部からサービス開始 - ケータイ Watch

大きな差がないという国内携帯電話事業者のネットワーク、それではサービスの差別化要因は何か? 孫氏は、「一番の差別化は小セル化ではないか」と語り、小セル化は一朝一夕にはできず、少なくとも1~2年で増やせるものではないとした。しかも、都市部で基地局建設用地を見つけるのはほぼ不可能で、そうであるにもかかわらず都市部のトラフィック増大が深刻な状態にあることを語った。