2013 02 19 1209

ソフトバンクに続いて、auもiPhoneの下取りサービスを準備しているるようです。ドコモ襲来に先手、auもiPhone下取りへという記事になっていました。

ソフトバンクでは、アップルのアイフォーンを最新機種へ買い替える場合には、旧機種の下取りサービスを行っている。これと同様のサービスをKDDIが準備していることが、東洋経済の取材で明らかになった。

ソフトバンクがiPhoneを下取りすることで、他のキャリアへの流出を減らしていると思いますが(つまりauへの流出)、auの狙いはソフトバンクではなく、ドコモ対策なのだそうです。

「ドコモがアイフォーンを導入したら、KDDIではなく、ドコモを選ぶユーザーは多いはず」ということでの対策だそうで、いよいよドコモによるiPhoneの取り扱いも現実味を帯びてきた、といったところでしょうか。

アイフォーン導入も否定していない。加藤薰社長は「アイフォーンは魅力的な端末。販売台数の2~3割など、ラインナップの一つとして扱えるなら導入の可能性はある」と繰り返している。

いつもこの手の話は「やっぱり噂だったよね」で終わるのですが、今回はちょっと様子が違うのでしょうね。

3Gのエリアはドコモの魅力でしょうが、LTEは低速という話もあるので、どのくらいiPhoneがドコモで魅力を発揮するでしょうか。でも、地方だと魅力かなぁ、やっぱり。

auでは現在、古物商の許可申請を各都道府県で進めているということです。