A0006 002354

廉価版のiPhoneが出る、いや出ない、という報道が続いたのですが、廉価版iPhoneはプラスチックの筐体を採用して2013年後半に登場する、という話も出てきました。

Entry-level iPhone reportedly may adopt plastic chassisという記事になっていました。

Apple's rumored entry-level iPhone reportedly may adopt plastic for its chassis instead of reinforced glass or unibody metal as in the company's standard iPhone models, to save cost, according to sources from the upstream supply chain.

恐らく、Appleがプラスチック筐体のiPhoneを開発して、テストをしているというのは事実なのかもしれませんね。それが本当にリリースされるかどうか、というのはまた別の話で。

筐体がプラスチックになるだけならば安い方が良いですが、CPUとかメモリとか、そのあたりでも区別は出てくるのでしょう、きっと。

もし子供にiPhoneを持たせるならば、安くてスペックの低い、プラスチックの筐体でも良いかなー、なんて思いますけどね。

2013年後半にも登場するのでは、なんて書かれていますが、どうなるでしょうか。

(via Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)