IDFA 3156

iOS 6でユーザー追跡が復活? プライバシー懸念もという記事によると「iOS 6」には、広告主のためのユーザ追跡技術「Identification For Advertisers」(IDFA)が組み込まれているのだそうです。

iOSのユーザー追跡をめぐっては、iPhoneやiPadなどの端末に個別の識別コードを割り当てる「UDID」が問題視された経緯がある。セキュリティ企業の英Sophosによると、IDFAではUDIDと同様に、iPhoneやiPadなどの端末を識別できる。

「UDID」との違いは、個人までは特定できないことで「個別の端末のネット上の行動パターンを把握するにとどまる」そうです。

とはいえ「プライバシー上の問題を懸念する声が出ている」とも。

Sophosによれば、IDFAは端末上で常駐cookieのように振る舞い、広告主がユーザーのWeb閲覧行動を追跡したり、購入やダウンロードなどの記録を入手したりすることが可能になると伝えられている。

この「IDFA」の制限設定は、自分でオフオンにすることも可能です。気になる人は、オフオンにしておくと良いかもしれません。

個人的には、バッテリの持ちにも影響しそうなので設定を確認してみたところ、既にオフになっていました。

追記:「IDFA」を制限するために「オン」にしました。

IDFA 3157

設定の場所は「一般」の「情報」にある「アドバタイズ」です。