2012 10 10 1933

「iPhone 5」のカメラで撮影すると、紫色のフレアが写り込む現象があるのですが、Appleがこれに関して公式な発表を行なったそうです。Apple、iPhone 5カメラの紫色フレア問題に対する公式説明を発表という記事になっていました。

「カメラを少し動かしてレンズに明るい光が差し込む位置を変えるか、レンズを手で隠すことによって、問題を最小限にあるいは回避することができます」

個人的にはまだ気になっていないのですが「iPhone 5」のカメラで撮影をすると、紫色のフレアが写り込む現象があり、Appleもこれを認めているようです。

対処法として挙げられているのが↑です。

どうしてこういうことが起こるかというと、

特定の角度からカメラに入射する光によって、「カメラモジュール内部の表面に反射してカメラセンサーに到達する」現象が起きている

ということなのだとか。

ソフトウェアのアップデートでなんとかならないか期待してしまうところですが「早期のソフトウェア修正は現時点ではおそらくありえないだろう」と記事。

「iPhone 4」でも白いモノを撮影すると青く写る現象がありましたが、結局「iPhone 4S」まで改善することはありませんでした。

今回も「iPhone 5S」を待つしかないのでしょうかね‥‥。