2012 10 01 1702

2012年10月1日17時より、ソフトバンクとイーアクセスの経営統合に関する記者会見が行なわれました。

ソフトバンク孫社長によるプレゼンテーションです。

2012 10 01 1703

12年前。千本さんとエリック・ガンさんによりイーアクセスが始まった。ヤフーBBも。日本のブロードバンドを牽引したという自負。

2012 10 01 1704

その後、2005年に同時に携帯電話の許認可も受けた。直後にソフトバンクはボーダフォンジャパンを買収し、モバイルの世界に入った。

2012 10 01 1705

2007年には戦略提携。我々は同じタイミングで生まれ、市場競争しながら、協調してきた。競争はするが協調することを繰り返してきた。

2012 10 01 1707

志を共有しているならば、根っこから協力しよう、と。

2012 10 01 1708

今日の午後、正式に経営統合することを取締役会で承認された。

2012 10 01 1708 1

株式の交換比率、その他全てを盛り込んだ最終契約書に調印した。世界最高のモバイルブロードバンドを提供したい。

なぜ今か? ソフトバンクはKDDI、ドコモと激しく競争している。同じiPhoneを扱っているということでLTE競争が激しい。

2012 10 01 1711

「iPhone 5」のLTEは2.1GHz帯のみで提供されている。auと何が違うのか? 強いて言うならば、LTE基地局の免許取得の場所に差がある。

2012 10 01 1713

今日の発表の内容は汗をかくというレベルではない、別の角度の切り口。1.7GHzが鍵。何が大切か?

2012 10 01 1713 1

1.7GHzは世界標準バンド。既に、iPhone 5に1.7GHz周波数帯が入っている。LTE以前と以降では1.7GHzの価値が違う。

2012 10 01 1715

2013年3月までに2万局を作る予定。そこに加えて、イーモバイルの1.7GHzのLTEが約10,000、合計で3万局の基地局数になる。auより遥かに数も多く、電波の受けもよくなる。サービスエリアも一気に広がる。

2012 10 01 1717

1台のiPhone 5がソフトバンクとイーモバイルからも同時に電波を受ける。もちろん準備があるので数ヶ月はAppleとやり取り、テストが必要ではある。

2012 10 01 1718

イーモバイルで1.7GHzを受けていたスマートフォンは音声がサービスできなかった。それがソフトバンクの900MHz・2.1GHzの音声&データが使えるようになる。

まさにWin-Winの業務提携である。

2012 10 01 1719

2012 10 01 1720

WiFiを切ってLTEにした方が快適なくらい。我々のiPhoneでは1.7GHzも受けられるようになる。

以前からイーアクセスとは親しくしていたが、なぜこれほどまでに急展開?

2012 10 01 1721

キーワードは「テザリング」。ソフトバンクからラブコールした。「テザリング」が経営統合を、さらに早めた。

2012 10 01 1722

テザリング開始を前倒し。やらなければいけないが、できればやりたくないという気持ちはあった。ネットワークが障害を起こすリスクを拭い切れなかった。

今回は違う。少なくともそれだけの構えができた。従って前倒しをする。電波は無限ではないが、十分に基地局と電波の構えができる。

もう一つ。パケット定額5,460円に1.2GB/月超過時は制限をかける場合がある、と入っていた。あくまでも保険の意味合いだった。全国的なネットワーク障害を起こす訳にはいかないため。

パケット定額でデータ通信量は制限しないということと矛盾するのでは、と多くのユーザから寄せられた。

2012 10 01 1725

イーアクセスとの役員会を通るまではヒヤヒヤしていた。これが通らなかったが「検討はしたができなかった」となった。しかし、イーアクセスがオファーを受けてくれた。この制限は撤廃する。

1GB/3日間〜の制限は他社も同じ。何某かの安全弁は作っておかなくてはならない。

2012 10 01 1729

今日から速度制限はなし。

2012 10 01 1730

////

経営統合の方法について。

2012 10 01 1730 1

株式交換による経営統合。年内に完全子会社化を目標。

2012 10 01 1734

ソフトバンクの株式からみても悪い話ではないと思っている。

2012 10 01 1735

1.7GHzのおかげで、ソフトバンクはより顧客を獲得しやすくなる。

2012 10 01 1736

ソフトバンクはLTEのWエンジン。

2012 10 01 1737 1

イーモバイルのブランドはしばらく残す。しかしバックボーンは共有していく。

2012 10 01 1738

基地局が一気に増える。

2012 10 01 1738 1

コールセンター、物流、色々なシナジーが出てくるだろう。

2012 10 01 1740

2012 10 01 1740 1

ソフトバンクはウィルコムも含めると、4位+3位=2位となる。9月の純増も30万人を超えている。

2012 10 01 1742

2012 10 01 1744

確実に今年度中に4,000万ユーザは超えられる。私のプライドとして「やりましょう」と公言したことは全て果たしている。

2012 10 01 1745

LTEの時代がきた。とにかく競合他社に負けないように一生懸命にやる。ソフトバンクとイーアクセスは、日本のブロードバンドの開拓者である。

2012 10 01 1746 1

今度はモバイルブロードバンドNo.1へ。

//////

千本氏より挨拶。

2012 10 01 1748

既に孫社長が話してくれているので、捕捉だけ。イーアクセスは12年前に、なんとか日本のインターネットの環境を徹底的に変えたいと、日本を世界有数のインターネット大国にしたいと会社を作った。

会社を作るたびに、孫さんと同じスタートを切った。ブロードバンド、モバイル。イーモバイルでは、音声よりはモバイルに特化した会社として成長してきた。

ソフトバンクは成長の過程で最大の顧客だった。そういうソフトバンクと競争しつつも、顧客関係を続けてきた。ここにきて、我々の成長オプションにいくつかの可能性が出てきた。

中でも、孫社長から最近になって熱意のある提案をして頂いた。それ以外にも各社から提案があったが、色々と考えた末に。DNAが一番似ているソフトバンク、ゼロからリスクを取って挑戦するDNAが共通してある。

1.7GHzとiPhone 5のテザリングが合致したら、自らの力だけで成長していくよりは、遥かに高い価値を生むのでは、という結論になった。

悩みもしたが、昼過ぎの緊急取締役会で、いくつかある中からソフトバンクの提案が最良となり、その後に契約書にサインした。

どちらにしろ、ソフトバンクの子会社になり、ソフトバンクの大きなモバイルブロードバンドの革命の戦略の中で、革命の道を押し進めていきたい。

//////

Q. 「iPhone 5」が経営統合に影響したのか?

A. 孫社長「イエス」

Q. auからユーザを呼び戻す施策は?

A. 孫社長「テザリングでは後手に回ってしまった。より良い、積極的なソフトバンクであると様々な施策を実行したい。詳細はこれから」

CSフォールバックという機能を同時に提供する必要がある。

Q. イーアクセスの業務提携に影響があるのか? 具体的には楽天との関係。

A. 三木谷さんとも話したが、変わることはない。むしろエリアが広くなる。

//////

懸念点だった【iPhone 5】孫社長「(データ通信量1.2GBの速度制限について)検討します」の問題がクリアされ、さらにイーモバイルの基地局の1.7GHzも使えるようになるなど、ソフトバンクの「iPhone 5」ユーザにとっては嬉しい発表になったでしょうか。

//////

ネタフルでは次のような記事も書いています。

KDDI田中社長のインタビューを読んでいると「iPhone 5」でMNPすれば良かったと思えてきてしまう(´Д⊂

発表から購入・Tipsまで「iPhone 5」と「iOS 6」ネタフル記事まとめも併せてご覧ください。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。