2012 09 24 1647

「Lightningコネクタ」は認証チップを内蔵〜非純正ケーブルは要注意によると「iPhone 5」から採用された「Lightning to USB Cable」は、内部に認証チップのようなものを内蔵しているのだそうです。

AppleInsiderによると、アップル純正の「Lightning USBケーブル」を分解したところ、中から認証チップらしきものが発見されたようです。

なるほど。これは確かに分解してみないと分からない部分です。

「おそらくこの認証チップを内蔵していないと使えない仕組み」で、なおかつ充電のみの場合でも、この認証チップが必須になる可能性があるということです。

iPhone 5用のケースが発売前から大量に出回ったのに対し、サードパーティ製の「Lightningケーブル」をほとんど見かけないのは、この認証チップ無しには製造できないため、と考えられます。

そうだったのか‥‥30ピンのケーブルは100円ショップでも購入できるくらいになりましたが「Lightning to USB Cable」は、そこまでにはならないのでしょうかね。

MFiプログラム」がより、重要になるということですね。

AppleInsider:Lightningケーブルには、より厳しい認証チップが搭載されている可能性が高い | iPhone | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)によると、

旧30ピンDockコネクタは、日本航空電子工業(JAE)のDD1シリーズを使用した汎用コネクタで、iPod nano (3rd generation)以降から、認証チップが入るようになり、正規コネクタでないと、アラートが表示されたり、映像出力機能が利用出来ないといった制限がかけられていますが、模造品が後を絶たない状況でした。

という状況だったのですね。

とりあえず、自宅用と仕事場用で分けるために1本購入しましたが。

Apple Lightning - USBケーブル MD818ZM/A
by カエレバ
Apple Lightning - 30ピンアダプタ MD823ZM/A
by カエレバ