2012 08 07 1431

「iOS 6」から、YouTubeアプリが搭載されないことが明らかになりました。「iOS 6」、「YouTube」アプリはデフォルト搭載せず--ライセンス契約が終了と伝えられています。

Appleは、「iOS 6」の最新ベータ版において「YouTube」アプリケーションのデフォルト搭載を廃止した。2012年に入って「Google Maps」の採用をやめたことに続く、さらなるGoogle排除の動きである。

Appleでは、これを「YouTubeアプリケーションをiOSに搭載するライセンス契約が終了した」としているそうです。

Googleマップに続いて、YouTubeアプリも非搭載になる訳ですが、徐々にGoogleとAppleに距離ができていくのを感じますね。

ただし、YouTubeアプリに関しては、App Storeからダウンロード可能になるそうで、必要な人はそちらからインストールする、ということになります。

地図に続く“Google離れ”:iOS 6にはYouTubeアプリなし――Appleが認めるによれば「YouTube APIを使用してAppleが制作したもの」だったのですね。

ユーザーにとっては、Googleが頻繁にアップデートするであろうGoogle純正のYouTubeアプリを利用できることになり(従来のiOSアプリはあまりアップデートされない)、Webからも従来通り利用できるので、かえっていい話かもしれない。

なるほど、そういうこともある訳ですね。

■関連記事

ライセンス期限切れを機にYouTubeアプリはiOSから削除

この数年でYouTubeのモバイル・サイトは飛躍的に改善されたので、iOS 6からデフォールトのアプリが消えても多くのユーザーには特に問題はないだろう。それどころか従来のApple版のYouTubeのアプリに比べてGoogle自身のAndroid版YouTubeアプリは何光年も進んでいる。