2012 07 09 1258

「iPhone 4S」が、日本で一番売れたスマートフォン、になった、ということが伝えられています。[市況]「iPhone 4S」が「日本で一番売れたスマートフォン」に、発売から約8か月でという記事です。

日本で最も売れたスマートフォンは、2011年8月末の時点ではアップルの「iPhone 4」だった。その後継機種「iPhone 4S」も人気を集め、特に2011年10月14日の発売直後は、他の機種とはケタ違いの驚異的な売れ行きを記録した。「iPhone 4S」は、2012年に入っても売れ続け、6月17日には、ついに「iPhone 4」の累計販売台数を抜いた。

家電量販店の実売データを集計する「BCNランキング」の調査データだそうです。日本一にはなったものの「取り扱いキャリアが従来の1社から2社に増えた割には時間がかかったといえるかもしれない」とも。

ちなみに、ソフトバンクとKDDIの「iPhone 4S」の販売台数シェアは「ソフトバンクモバイルが60.1%、KDDI(au)が39.9%で、ほぼ6対4」だそうです。

ただし、ソフトバンクのiPhoneユーザは「iPhone 4」の方が多いのが特徴だそうです。

SIMフリー端末を含む携帯電話全体の6月の販売台数1位は、2011年11月以来、6か月ぶりにソフトバンクモバイルの「iPhone 4S」16GBモデルが獲得。2位にはauの「iPhone 4S」16GBモデルが続き、3位には6月28日発売のNTTドコモのAndroid搭載スマートフォン「GALAXY S III SC-06D」が入った。

発売開始から時間が経過していることを考えれば、このロングセラーっぷりは凄いのかな、と思いますが。

ソフトバンクの「iPhone 4」ユーザの多くは、やはり秋に発売されると噂の「iPhone 5」を見据えているのでしょうか。