2012 06 20 1203

記者会見的なものがあると繰り返されるこのフレーズ、NTTドコモ山田社長がまた、iPhone導入に関して「現状の戦略下では導入は難しい」とコメントしたそうです。

ドコモ、現状の戦略下ではiPhone導入は困難 | Reutersという記事になっています。

山田隆持社長は、株主から米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)のスマートフォン(高機能携帯電話、スマホ)「iPhone」(アイフォーン)の導入予定を問われ、「現状の戦略下では導入は難しい」との見解を示した。

今回は株主総会でして、株主からiPhone導入に関して質問があった、ということなのですね。それはそうでしょう。株主としては気になるでしょう。

しかし、山田社長の返答はいつもと一緒、でした。残念ながら。

さらに、導入が困難な理由について、次のように語ったそうです。

ドコモ独自のサービス「おサイフケータイ」や「ネットワーククラウド」などの作り込みをアップルでは許可してもらえないほか、「アイフォーンを取り扱いを始める場合は(2013年3月期のスマホ販売計画である)1300万台の半分以上をアイフォーンで売ってください、と言われる可能性がある」と説明した。

NTTドコモとしては、そこまでiPhoneだけに注力できない、ということなのですね。

導入すれば売れるのは間違いないでしょうし、MNPでの流出も食い止められるのでしょうけど。「ラインアップ(品ぞろえ)の1つとして入れてもいいということなら、入れてもいい」と山田社長。

「iPhone 5」がリリースされたら、どうなるでしょう。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

NTTドコモ、iPhone販売に向けて未だ交渉中
ドコモ、2012年夏にiPhone参入へ
ドコモ、AppleとのiPhone販売基本合意を否定
ドコモ「独自機能の搭載は譲れない」iPhone参入はやはり難しい?
ドコモ山田社長「iPhoneは独自サービスが搭載できないので扱わない。これからもAndroid中心」
NTTドコモ社長「iPhoneの取扱いは現状だと厳しい」
NTTドコモ・加藤次期社長「iPhoneは現状では難しい」