2012 06 12 1033

WWDCの基調講演で、Appleは「iOS 6」を発表しました。予てより噂のあった、Googleマップに代わるApple独自の新マップも発表されました。

Apple、「iOS 6」を発表 - 今秋より提供開始という記事になっています。

iOS 6では以前より噂があったように、Google Mapsに代わるApple独自の3D表示やナビゲーション可能な地図サービス機能が組み込まれている。またSiriは対応言語が増えているほか、スポーツ試合の結果確認やレストラン予約への対応など、よりインテリジェント化が進んでいる。このほかFacebook統合や、Photo Streamを友人と共有する「Shared Photo Streams」、新機能の「PassBook」など、目玉機能の追加が行われている。

新しいマップ機能はGoogleマップに代わるもので、ベクター表示により建物を立体的に俯瞰できるそうです。また、拡大縮小もスムーズに。さらに渋滞情報を組み合わせたナビゲーションも可能に。

「Siri」はiPhone 4だけでなく、新しいiPadにも対応します。対応言語も広がり、スポーツのスコア確認、レストラン予約の他、Facebookのステータス確認、ツイッターへの投稿などもできるそう。

Photo Streamsを共有する「Shared Photo Streams」機能が搭載され、写真を共有するのも簡単になります。

さらに興味深いのが「Passbook」です。

航空会社の搭乗券や野球の観戦チケット、さらにはコーヒーショップやデパートのロイヤリティカード、クーポン券まで、パスホルダーのようにiOSデバイスに1つにまとめることが可能なサービス。Apple版「Wallet」サービスといえるだろう。

なるほど、各種チケットやクーポン券などをまとめることができるサービスですか。日本ではどうなるでしょうね。

3G経由でのFacetimeもサポートされます。

楽しみなアップデートですが「iPhone 5」と同時のリリースになるのでしょうかね。

■関連記事

アップル、iOS 6 の新マップを発表。ベクタ化と3D対応、Siri統合、独自の周辺検索など - Engadget Japanese

また米アップルのiOS 6 Mapページには、「一部のサービスや機能は地域により提供されないことがあります」と不吉なただし書きもあります。

アップル iOS 6 発表、新マップやFacebook統合、Siri強化など新機能多数 - Engadget Japanese

Facebook統合。各アプリから直接Facebookに投稿・共有。App Store にも組み込み。