Iphone pass 9857

iPhoneのロック画面から入力するパスワードは一般的には4桁ですが、この桁数を自由に変更できることを知りました。

煩わしさから解放された!iPhoneのロック解除画面暗証番号を「数字 一桁(ヒトケタ)」にする方法! | OZPAの表4で、その方法が紹介されています。

でまぁその後案の定、飲み会の席でiPhoneを紛失してしまうと言う大惨事を引き起こしました。 非常に後悔したわけです。

知らなかったのですが、デフォルトの状態のiPhoneはパスコードが4桁なのですが、これを解除することで桁数が自由になるのだそうです。

Iphone pass 9856

設定自体は簡単で「設定」アプリから「パスコードロック」を選び「簡単なパスコード」という設定をオフにします。

ここに注釈として「簡単なパスコードは4桁の数字です」とありますが、4桁は簡単なもので、これをオフにすると6桁でも7桁でもいけますよ→パスワードを強化できますよ、というのが本来の使い方のようです。

ただし、1桁でも設定はできるので、人によっては1桁にする人もあろうかと、そういう話でございますね。

「簡単なパスコード」をオフにすると、こんな画面になります。

Iphone pass 9855

とりあえず、何桁の数字がパスコードなのかさっぱり分からなくなりました。ちなみに10桁でも大丈夫でしたよ。

4桁だと0000〜9999まで試せばどこかで解除されることになりますが、この桁数が分からない画面では、ちょっと試す気も失せるといいますか、なんというか。

パスコードを4桁にしている人も「簡単なパスコード」はオフにしておいても良いかもしれませんね。

※パスコードの設定は自己責任でお願いいたしますね。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。