2012 05 14 1706

「iOS 6」、「Google Maps」に代わる新しい地図アプリを搭載かという記事がありました。iPhone搭載の地図アプリが、Googleマップから他のアプリに変わるなんて、考えたこともなかったですね。

Appleは、「Google Maps」の代替アプリケーションをひそかに開発中であり、このアプリケーションはiOS 6に搭載されるという。Appleファンサイトの9to5Macが米国時間5月11日、「信頼できる」情報筋の話として伝えた。

過去にAppleは地図アプリケーション開発企業数社を買収してきたそうで、そういう意味ではApple独自の地図アプリが提供されるというのは、必然かもしれません。

Appleの地図アプリでは‥‥

「StreetView」に似たエクスペリエンスと、よりリアルな方法で場所を表示できる3Dモードが採用されるとしている。

ということで、それを実現すると思われる技術が、2011年に買収したC3 Technologiesです。

そのデモ動画が↑になるのですが、これは確かに凄いですね。まるで空撮の動画を見ているような感覚です。

Appleはゆっくりだが、確実にGoogle Mapsを押しのけようとしている。Appleは2012年3月、iOSアプリケーションの「iPhoto」で使用する地図データをGoogle Mapsから「OpenStreetMap」に切り換えた。

気になるのは「日本ではどうなるか」ということですが。なお「iOS 6」は2012年後半に公開予定とのことですよ。

■関連記事

アップルは iOS 6 で自前の「マップ」を導入、Google Maps を置き換え? - Engadget Japanese

C3 Technologies は、もともとスウェーデンの航空・軍需企業 Saab ABからスピンオフした3Dマップ技術の企業。かつては機密扱いだったミサイル誘導のための3Dマッピング技術を民生品に活かすことをうたい文句としており、まるで空撮の実写かと見紛うばかりの精緻な3D地図 (というより地形) のデモを公開しています。