2012 05 11 1451

MM総研調査、2011年度の携帯国内出荷で富士通が首位にという記事がありました。MM総研による、2011年度(2011年4月~2012年3月)通期の国内携帯電話端末の出荷状況調査です。

同調査によれば、2011年度の総出荷台数は4274万台(前年比13.5%増)。2年連続の増加で、4000万台を超えるのは、5076万台を記録した2007年度以来4年ぶりとなる。このうちスマートフォンは2417万台となっており、全体の56.6%を占める。

気になるメーカー別のシェアですが、次のようになっています。

・富士通 17.9%
・Apple 17.0%
・シャープ 16.7%
・パナソニック 9.5%
・ソニーモバイル 8.9%

となっています。上位は拮抗しているのですね。

ちなみに、富士通は東芝との事業統合と「らくらくホンシリーズ」が堅調とのことです。

これがスマートフォンになると、シェアは次のようになります。

・Apple 30.0%
・シャープ 17.5%
・富士通 13.4%

こちらではメーカーとしてはAppleが圧倒的ですね。OS別となると、Androidが69.0%、iOSが30.0%となります。

Android端末としては、シャープ、富士通、ソニーモバイル、Samsungという順番です。