2012 03 12 0951

iOS 5.1 ソフトウェア・アップデート」には「バッテリーの寿命に影響するバグを解決しました」というバグ修正が含まれていたのですが、みなさんのところではバッテリの持ちはいかがでしょうか?

「iOS 5.1」のおさらいをしておくと、次のような機能向上とバグ修正が行なわれていました。

・Siriで日本語をサポートします(初期のサービス開始時には、使用が制限されている場合があります。)

・フォトストリームから写真を削除できるようになりました

・iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、およびiPod touch(第4世代)のロック画面にカメラのショートカットが常時表示されるようになりました

・カメラの顔検出機能で検出されたすべての人がハイライトされるようになりました

・iPad用のカメラAppを再設計しました

・iTunes Match登録者用のGenius MixとGeniusプレイリスト

・iPadのテレビ番組と映画のオーディオがより大きく明瞭に聴こえるように最適化しました

・再生速度の変更と30秒の巻き戻しが可能なiPad用のPodcastコントロール

・KDDI登録者向けのFaceTimeおよびiMessageのサポートを追加しました

・バッテリーの寿命に影響するバグを解決しました

・発信側の音声が途切れることがある問題を修正しました

また「iOS 5.1」のアップデートはDNS問題でトラブルになっている人が少なくないようで、この週末も「iOS 5.1」ダウンロードできない‥‥ → DNS変更 → ダウンロードできた!という記事がたくさん閲覧されました。

iOS5.1にしてバッテリー問題はどうなった? : iPhoneちゃんねるによると、当たり前なのですが、人によって感じ方は様々のようです。

・バッテリーは改善されてると思う。
・残量表示のアルゴリズムを変えたんじゃね
・放置状態なら減りがほとんどないな
・一日経過 電池消費は以前と変わらない感じ

どうも、待機時のバッテリ消費が改善されたのでは、ということなのですが、これはぼくも感じました。就寝→起床のバッテリの減りが、以前ほどではなくなっている気がしました。

みなさんのところでは、変化はあったでしょうか? ぼくも、もう少し様子を見てみたいと思います。