2012 03 01 2240

ソフトバンクに割り当てられることになった900MHz帯“プラチナバンド”ですが、既にネタフルでもお伝えしているように「iPhone 4/4S」は対応済みです!

ネタフルでは次のような記事を書いています。

ソフトバンク、900MHz帯“プラチナバンド”を獲得へ
900MHz帯“プラチナバンド”はソフトバンクに割り当て

個人的には、すぐにドコモ/KDDI並みになるとは思いませんが、中長期的に見れば「繋がらない」と言われていたソフトバンクに、期待が持てるのではないかと思っています。

何しろ、孫社長が負けず嫌いなので、アンテナの整備はこれでもかとやってくれるんじゃないかと期待しています。そういう期待値込みで、ソフトバンクを使っているというのもありますし。

さて、900MHz帯“プラチナバンド”獲得に関しては、次のようなニュースリリースが出ています。

900MHz帯“プラチナバンド”の割り当てについて | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、トラフィック急増への対応やカバーエリアの充実および災害に強い通信網を構築するため、本年1月27日に900MHz帯を使用する特定基地局の開設計画の申請を行いましたが、本日、総務大臣より当該開設計画の認定を受けました。これにより、当社が既に保有する電波帯と比較し、より効率よく広範囲までカバーできる“プラチナバンド”と呼ばれる900MHz帯を使用したモバイルネットワークの構築に着手し、より高品質な通信環境の実現を目指してまいります。900MHz帯を使用する通信サービスは2012年7月25日(水)から開始する予定です。

900MHz帯“プラチナバンド”の利用が可能になるのは、2012年7月25日からということで、あと5カ月弱ということになります。

どの程度の基地局が開設されるのかというと、

・2012年度中に約1万6千局
・2016年度中に約4万1千局まで増設

この時点で、人口カバー率は99.9%になるとのことです。とりあえず、人の多いところで繋がりにくいのがなんとかなるといいですね。

現在発売している端末では、「iPhone 4」「iPhone 4S」「iPad 2」(以上、アップル製)などが900MHz帯に対応しており、7月25日から開始する900MHz帯通信サービスが利用できる予定です。

これは既にお伝えしている通りですね。

2012年夏以降、iPhoneの繋がり具合がどのようになるのか、今から楽しみです。

■関連記事

ソフトバンクモバイル、900MHz帯サービスを7月スタート iPhone 4/4Sなど対応 - ITmedia ニュース

ソフトバンクモバイルのコメント 開設計画の認定を受け、増加する通信量の対策、LTE等の新しい通信技術の導入はもとより、より効率よく広範囲をカバーできるプラチナバンドの特性を活かした通信網の構築、特に災害時におけるライフラインネットワークを早期に実現させるなど、総合的な通信環境を向上させるべく、全社をあげて取り組んでまいります。

900MHzはソフトバンクが獲得 | iPWb

この900MHz帯をめぐっては、先行して電波オークションの対象にしてはという議論もありましたが、結局は従来通りの諮問委員会での決定ということで不透明な部分を残したままとなりました。そのため、一部でロビー活動を指摘する声も出ています。いずれの会社が使うことになろうが、公共資産である電波の割り振りについて、(既得権益を振り回すTV局などについても)国民の目に明らかにする必要はあるでしょう。