2011 12 01 1017

日経ビジネスが、ドコモ、来年夏にiPhone参入と報じていますよ。「アップルと基本合意」だそうです。au版iPhoneもそうでしたが、iPhone関連のリークは、日経から!?

NTTドコモは米アップルの人気スマートフォン「iPhone」とタブレット端末「iPad」の次世代機を日本国内で販売することで、アップルと基本合意した。

次世代機ということなので「iPhone 5」と「iPad 3」ということになるでしょうか。2012年夏に「LTE」対応のiPadを投入、続いて秋までに「LTE」対応のiPhoneを発売する見通しだそうです。

複数の関係者によると、11月中旬にドコモの山田隆持社長と辻村清行副社長らが訪米し、アップル本社でティム・クックCEO(最高経営責任者)らと会談。次世代iPhoneと次世代iPadの販売で基本合意し、販売数量などの条件について本格的な交渉を開始した。

Appleからは販売数など、なかなか厳しい条件が出されるという話なのですが、今回は「LTE」がポイントなのでしょうかね。「今回はライバルに先駆けてLTEを商用化したドコモの取り組みがアップルに評価された」と。

Appleは販売の条件として「LTEネットワーク(サービス名は「Xi(クロッシィ)」)に対応させることを要求」したそうです。

KDDIとソフトバンクモバイルが最新版のiPhone4Sを発売した10月、ドコモの純増数(新規契約から解約を差し引いた値)は大手3社の中で最下位に転落。これまで強みを持ってきた法人市場でも、iPadを武器に攻勢に出るソフトバンクモバイルに顧客を切り崩されつつある。

背に腹は代えられない、というところなのでしょうか。

au版が発売された時はソフトバンクからそちらに流れる動きは目立ってありませんでしたが、しかしドコモ版となると、ソフトバンクからの移行もありそうな予感がしますね。

まだ少し先の話ではあるので、動向を見極めて、自分もどうするか考えたいと思います。

これまでだと「キャリアメールアドレスが変わるのがな〜」というのが一つのネックだったのですが、よくよく考えると、Facebookメッセンジャーなどにメッセージは移行していて、ほとんどキャリアメールアドレスは使っていないことに気付きました。

しかし、事前にこんな情報が流れてしまって、Appleは怒らないでしょうか?

Androidもなかなか厳しい状況になりそうですね。

追記:ドコモが「基本合意の事実はなく、具体的な交渉をしている事実もない」と公式に否定しました。