2011 11 17 1357

iPhone 4S、オークションではソフトバンクが高額--au版より1万円以上高値で取引されているのだそうです。

それよると、ソフトバンク版のiPhone 4Sはau版に比べて、平均落札額が1万1000円高くなっているという。発売当日の10月14日、その後は10月18日にau版の落札額が高くなったものの、オークション市場ではソフトバンク版のほうが支持されているようだ。

オークファンが、ネットオークションにおける「iPhone 4S」の落札動向調査の結果を発表したものですが、普通にソフトバンク版の方が人気がある、ということなのでしょうかね?

もしくは、既にソフトバンクで旧機種を使っている人が多いから、ということなのでしょうか。

オークファンではあわせて、海外で発売されているSIMフリー版の落札動向についても集計しているが、ソフトバンク版の約1.58倍の平均落札額を誇っているという。総落札額は、約2週間で3500万円を超えているという。

SIMフリー版は、やはり人気あるのですね。16GBのアメリカ版は649ドル(約49,000円)ですが、調査によると最新の価格は約8万円とかなりの差があります。

が、そのあたりは手間賃として、すぐに入手したいからと割り切っている人も少なくないのでしょうか。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。