Fostex 7798

自分には猫に小判かな‥‥と思ったのですが、iPhone 4でステレオ録音ができるようになる、FOSTEXのiPhone 4専用オーディオインターフェース「AR-4i」をモニターさせて頂いております!

ということで、まずは開封の儀など。

Fostex 7799

iPhone 4専用の機材です。

Fostex 7800

パッと見、なかなかゴツイ感じがしますね。

Fostex 7801

ゴツカッコイイ!

Fostex 7802

パカッ。

Fostex 7803

付属品類です。単一指向性マイクが付属しています。

Fostex 7804

すっく、と大地に立つ感じ。

Fostex 7805

大地に立ったところ、横から。インプットが二つ。LEDレベルメーターあり。コールドシュー。

Fostex 7806

背中から。

Fostex 7807

また横から。三脚用の穴が見えます。インプットとヘッドフォン用の端子も。

Fostex 7808

インタビューやバンド演奏などを録音する時は、こんなスタイルでしょうか。

Fostex 7810

iPhoneなのにiPhoneじゃないみたい。

Fostex 7811

ガンタンクみたいですね。

Fostex 7812

アルミ削り出しのハンドグリップで動画撮影モードに。

Fostex 7813

とてもiPhoneには見えません。

Fostex 7814

マイクを二つ装着。

Fostex 7815

アルミ削り出しのハンドグリップ側、下の方から見たところ。

製品紹介のページから特徴をピックアップしておきます。

・ライン~マイクレベルに対応した入力を3つ装備

・LEDレベルメーターによって入力音声の音量確認が可能

・入力音声と再生音のモニターが可能なヘッドホン出力を装備

・アルカリ単四乾電池×2本で8~10時間の長時間動作が可能

・USB端子経由で外部からの給電にも対応
 (iPhone4のバッテリー充電にも対応)

・iPhoneを差し込むとAR-4iの電源が自動的に入る

・三脚用ねじ穴を縦横2カ所に装備

iPhone 4単体で動画撮影するのと、どんな違いがあるのか? 比較した動画がありますので、ぜひご覧ください。

明らかにiPhone 4の内蔵マイクで撮影したのと、臨場感が違うのが分かりますね。ちょっとゴツイけど、ゴツイだけのことはある!!

他にもユーザがアップロードしている「AR-4i」で撮影した動画があったのでご紹介です。

外部電源から給電できるので、長時間のストリーミング中継なども可能になりますね!

iPhone 5を購入したら、iPhone 4は完全にビデオマシンにしても良いなぁ。

追記:iPhone 4専用オーディオインターフェース「AR-4i」で動画撮影してみたを書きました。

by カエレバ