2011 09 01 1416

米アップル社員、発表前のiPhoneを飲み屋で紛失かというニュースがまた伝わってきましたよ! また無くしたのかッ!

9月1日(ブルームバーグ):米アップルの従業員が、未発表の多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」をサンフランシスコ市内のバーで紛失したもようだと、テクノロジー関連のオンライン・ニュースサイト、米CNETが8月31日に報じた。

iPhone 4の時にも似たようなことがありましたねぇ。あの時はGIZMODOの手に渡った訳ですが。

今回は7月下旬に、発表前のiPhoneの行方が分からなくなったそうです。

そして‥‥

その後、地域情報コミュニティーサイトのクレイグズリストで200ドル(約1万5300円)で売り出されたとみられている。

売られていたらしい! しかも激安!

アップルはネットワーク上の情報をたどって、サンフランシスコ市内の個人宅を警察と共に捜索したが発見できなかった。紛失当日の夜にバーにいたことを認めたその家の20代の男性は何も知らないと答えたという。

GPS情報的なものから、どこに持ち去られたかを割り出した‥‥ということなんでしょうか。

発表前のiPhoneを入手した‥‥という話も聞かないので、Appleが無事に取り返した、ということなのでしょうかねぇ。

「iPhone 5」が10月に発表されるとすると、本当にあと1カ月くらいなんですね。楽しみです。