2011-06-28_1702.png

アップル、次期「iPhone」の製造を8月に開始かということを伝える記事がありました。

先週、台湾で複数のAppleサプライヤーと会合を開いたとされるHuberty氏は、米国時間6月26日付けの投資家向けメモで、Appleが8月半ばから後半にiPhoneの製造を開始し、第4四半期にかけて「集中的」に製造を進めると予測している。

秋口になると新しいiPhoneが発売されることになるんだろうなぁ、とは思っているのですが、近くなってくると徐々にこうしたニュースも増えてきますね。

また、新しいiPadについても、次のように伝えられています。

iPhoneとともに、Appleは次期「iPad」の製造も8月に開始するものと思われるとHuberty氏は述べた。

おお、そうなんだ。けっこう短いスパンで新しいiPadも登場しそうなのですね。

「2012年の展望については、4G LTE版と低価格の3Gモデルの両方のiPhoneが発売され」ということですが、次のような記事もありました。

「iPhone 5」だけじゃない? 廉価版「iPhone 4S」をアナリストが予想という記事です。

Appleは次世代iPhoneとして、「iPhone 5」だけでなく、廉価モデルとして「iPhone 4S」も投入する可能性があると、Deutsche Bankのアナリスト、クリス・ウィットモア氏が伝えている。

「iPhone 4S」はSIMロックフリーで、350ドル程度の見込みと予想されています。なるほど「iPhone 4S」とか「iPhone 5」とか名前が出てきますが、1種類ではないのかもしれないのですね。

同製品の発表会は9月7日に開かれるのではないかとも憶測されている。Appleはこれまで、レイバーデイ(9月の第1月曜日)の後の水曜日に新製品発表会を開く傾向があったからだ。

とりあえず、iPadと同じA5プロセッサの搭載されたiPhoneの登場が楽しみです。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。