2011-01-13_1047.png

Appleの「iPhone 4」がCDMAをサポートし、Verizon Wirelessで利用可能になることが発表されました。

「iPhone 4」のCDMAサポートはかねてより噂になっていましたが、いよいよ発表されました。AT&T以外のキャリアからも「iPhone 4」が提供されることになります。

基本的にはGSMと同じモデルのようですが、テザリングを可能にする「Personal Hotspot機能」が特徴的です。

Verizonの社長兼最高業務執行責任者、Lowell McAdamは次のようにコメントしています。

「何百万人ものワイヤレスユーザに業界をリードするiPhone 4をこの国で最も信頼性の高いネットワークで提供できるようになりましたことを嬉しく思います。これは、2つの偉大な会社が力を合わせ、モバイルの世界に加わった今世紀最も重要な技術革新の一つをワイヤレスのお客様に提供するという、業界にとって重要なステップであります。」

Apple COOのティム・クックは次のようにコメントしています。

「Verizon Wirelessのお客様からはiPhone 4を使えるようになるのが待ち切れないとの声が届いていました。きっと気に入っていただけることと思います。Verizonという会社、および同社が築いた顧客からのロイヤリティにはとても大きな尊敬の念をいだいております。」

2年間の新規契約を結ぶことで、16GBのモデルが199.99ドル、32GBのモデルが299.99ドルで販売されます。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。

■関連記事

Verizon版「iPhone」、米国で2月10日発売へ--CDMAをサポート

VerizonのウェブサイトではiPhone 4のホワイト版についても言及しているが、米CNETの取材に対してVerizonの関係者は、発売日は未定と述べている。iPhone 4のホワイト版は、全キャリアを対象に提供が何度も延期されている。

CDMA版iPhone 4を米Verizonが2月発売-2年契約で16GB 199ドルから

VerizonのLowell McAdam CEOは、「米国で最も信頼性の高いネットワークでiPhone 4を紹介できることを喜んでいる」とコメントしている。