国内携帯電話シェア・2010年第3四半期、iPhone効果でアップルが初の「トップ5」入り……IDC調べという記事より。

IDC Japanは13日、国内携帯電話市場の2010年第3四半期(7月~9月)の出荷台数を発表した。それによると、2010年第3四半期の国内出荷台数は、対前年同期比18.9%増の866万台。前四半期に引き続き4四半期連続のプラス成長を記録した。

IDC Japanによる国内携帯電話市場の出荷台数調査によると、端末ベンダー別出荷台数シェアでAppleが5位に入っています。以下のような順位です。

1位 シャープ(18.8%)
2位 パナソニックモバイル(16.6%)
3位 富士通(15.1%)
4位 京セラ(12.7%)
5位 Apple(12.2%)

記事によれば、iPhoneの出荷台数が100万台を超え「スマートフォン需要をけん引した」なんてことも書かれています。

IDC Japanでは、2010年の見通しに関して「第4四半期(10月~12月)は、シャープ製品を中心とした新規スマートフォン出荷が大幅に増加する可能性が高い。このため、同四半期におけるスマートフォン出荷比率は20%を超え、年間出荷台数においてもプラス成長になる可能性が高くなっている」と分析している。

最近は「どのスマートフォンを購入したら良いのか?」という相談をされることも増えてきた気がします。

電波が入るかどうかという不安はややあるものの、初心者にも使いやすいのはiPhoneでは、ということで返答しています。

iPhone 4 Perfect Manual

4881667467