iPhoneとiPod touchどっちがお得?という記事より。

iPhoneを携帯電話として使いたい人には、もちろんiPhone 4をお薦めしますが、携帯電話は別に持っていて、メールやWEBサイトのチェック、アプリを使うのが目的なら、iPod touchとモバイル無線ルーターという組み合わせもあり。実際、家電量販店の中にはiPod touchとモバイル無線ルーターをセットにして、格安価格で販売しているところもあるくらいです。

「iPhone 4」とほぼ同等の性能を持った、新しい「iPod touch」が発表になりました。それを受けて、iPod touchとWiFiルータの組み合わせもいいんでない? ということで、料金比較をしている記事です。

イーモバイルで「Pocket WiFi」を購入するパターン。

つまり購入代金と月額料金をあわせて、2年間にかかる通信コストは、データプラン月額料金4980円×24-1万3000円(キャンペーン割引分)=10万6520円+1円。これに加えてiPod touchの価格が、8GBモデル=2万900円、32GBモデル=2万7800円、64GBモデル=3万6800円。iPhoneと揃えるために32GBモデルを例にすると、2年間のトータルコストは10万6521円+2万7800円の13万4321円になります。

そして「iPhone 4」の場合。

2年間にかかる通信コストは、3785円×24=9万840円。これにiPhone 4の機種代金、32GBモデル=5万7600円を加算すると、2年間のトータルコストは14万8440円ということになります。

もちろん携帯電話となれば通話料などがかかってくる訳ですが、この数字だけを見ると、2年間で15,000円ほどの差額しかないのか、と思ってしまいました。

もし電話機能が不要なのにメールやWEBやアプリが使いたくてiPhoneの購入を検討しているなら、iPod touchとモバイル無線ルーターの組み合わせを、選択肢に加えてみるのも良いかもしれません。

確かにそうとも言えるのですが、WiFiルータの充電、電源オン/オフなど、もろもろの手間を考えると「iPhone 4」をズバッと購入してしまうのもいいんじゃないかな、と。

他にパソコンやニンテンドーDSを接続するとか、WiFiルータの使い道があれば、また話は違ってくる訳ですけどね。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。